修理を諦めたら事故車査定に出そう

事故車を直す為には通常、高い費用が掛かってしまうもの。自動車保険に加入していても条件に合わないと満額の補償はされませんので困ってしまいますよね。
修理に高い費用が掛かる場合ですと、恐らく廃車処分を検討する方が多いはず。直すよりも中古車でも買ってしまった方が安上がりになることがありますし、事故車ですと直した後でも不安になってしまいますよね。しかしながら修理を諦めた事故車の場合でも廃車処分に出すのは早計。なぜなら事故車でも査定をしてもらうことが可能だからです。
「事故車なんて価値がない」と思われるかもしれませんが、車というのはどんな状態でも価値が残っていることがあるのです。例えば部品やパーツに価値が付くのですが、リサイクルができる部分があると買取対象になることがあります。実際に事故車の売買というのはよくされており、廃車処分するような状態だろうと売れてしまうことが多いのです。
なお買取金額としてもそれなりの価値が付くことがあります。決して二束三文ばかりになるだけでなく何十万円もの金額で売れることも。廃車処分しようと思っている車が案外高く売れる可能性がありますので、まずは査定に出すことを考えてみるのがおすすめ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする